So-net無料ブログ作成

うさ Shangri-la東京でアフタヌーンティーをいただく 後編 [アフタヌーンティー]

前編に続きまして後編です。
下のお皿はこちらです。
ほうれん草香るパン スモークした茄子のスプレッド ツナと玉葱のサラダ スプラウト
カカオブレッド 鴨腿肉のコンフィとバイオレットマスタードバター
卵サンド
DSC01723.jpg
本当は卵サンドは海老サンドだったのですが、生の魚介類がダメと伝えたら変更に・・・
海老好きなのにぃ(-Φ-)

ラウンジのスタッフの方々はすばらしく、お料理の説明に飲み物のの相談対応、飲み物が少なくなれば継ぎ足しと次の飲み物を聞いてくださいます。
スタッフ近くのこの席で良かったと実感。

席自体が隣と十分離れているので、周りを気にせずくつろげます。
大変優雅な気分でございます。

次はレモンジンジャーを発注してみました。
こちらは間違って届いたダージリン。
DSC01735.jpg
これはこれでおいしいのですが、飲みきれないのはわかっているのでスタッフの方に間違い指摘。
正しく届いたのはこちら。
DSC01740.jpg
レモングラスが爽やかなお味でした。
生姜の味は・・・わからないなぁ・・・
でもおいしいからよし!

二段トレーと格闘していると、冷たいお菓子の到着です。
フレッシュベリーとアーモンドゼリー
DSC01737.jpg
ゼリーの部分はこうなってます。
DSC01739.jpg
冷たい物は冷たく。
すばらしいサービスです。

うさ、ひとりぼっちで行ったので写真を撮る以外することなし。
結構速いペースで食事が進み、なんだか手持ちぶさたに・・・
スタッフの方々代わる代わる「なにかお手伝いできることはー」とか「何かもんだいばありますかー」とか「もうすぐ温かいスコーンが参りますよー」とかお気遣いいただきました。
周りを見るとひとりぼっちはうさだけ(x_x)

二段とレートの格闘も早々に負けを認め、待ちに待ったスコーンはこちらです。
DSC01743.jpg
うさ安心の小ささです。

四種のカードと共にいただきましょう。
DSC01713.jpg
もったいないお化けがうずく大量のジャム達・・・
左から「ストロベリージャム」
堅めのイチゴジャム。安心のお味。

「柚子のカスタードクリーム」
庶民びっくりのクリーム感ありありのカスタード、和食ばりの柚子風味でございます。

「クロテッドクリーム」
庶民のあこがりクロテッド。たっぷりつけていただきましょう。

「蜂蜜」
あぁだれがこんなに食べるんですか!!

瓶詰めして持って帰りたい級の盛り盛りに、心は号泣でございます。

シャングリ・ラ ホテル 東京オリジナル プレーンスコーン
DSC01747.jpg
クロテッドにイチゴジャムでいただきましょう。

英国スタイル全粒粉スコーン
DSC01744.jpg
こちらは香ばしさがそこはかとなく香りました。

カラメルマカダミアスコーン
DSC01745.jpg
カラメル感と言うよりも、ほんのり香ばしいスコーンでございました。

スコーンはほろほろではなく、しっとりもちもちの焼きたて。
満腹の向こう側でもこれだけは完食でございます。

スタッフの方がどんどんお茶のおかわりを聞いてくださいまして、ラストはさっぱりアイスレモンティ。
DSC01749.jpg
レモンジンジャーもそのままにしておいてくださったので、ちょっと自分で注いでみたら・・・
スタッフの方が「申し訳ございません」と飛んできました。

なんかセレブになった気分、ありがとね~
日没と共にラウンジの明かりが小さくなり、壁には素敵な柄が浮き出てきます。
DSC01750.jpg
サンドウィッチを食べ、スコーンを食べ、スイーツを食べ・・・
うさは格闘したのでございます。
昔は更にクッキーとかが出てきたのですが、お会計しても何も出てこなかったのでこれで退散。

でも格闘に惨敗したのは言うまでもなし(*^^)v
nice!(42) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 42

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。