So-net無料ブログ作成

うさ BVLGARI Il Barでアフタヌーンティーする [アフタヌーンティー]

うさ、年度末の自分へのご褒美に、BVLGARI Il Barに行って参りました。
銀座・・・それは数々のブランドショップがひしめく魅惑の街。
そして足を踏み入れる勇気は・・・ない・・・

これまでほとんどブランドショップには足を踏み入れたことがなかったうさ。
今回は勇気を出して、BVLGARI Il Barを予約いたしました。
偽セレブの味方、一休での予約でございます。
事前調査により、裏口から入れることを確認したうさ、「こけならいける」とポチッとしたのでございました。

レストラン専用口はこちらでございます。
ショップとちがい、おしゃれなドアマンがいないので入りやすいと思われます。
DVC00047.jpg
自動ドアがウイィィィンと開くと直に受付。
緊張気味の偽セレブ、予約ありを述べようとしたその時!!!
なんと後ろからドスドスと入ってきたおばさま方。
「近くのサンマルクカフェならこの前行ったのよねー」とガヤガヤとうさを抜かす?!
受付に我先に「カフェはどこなのよ?」と・・・
予約無しで入れるんだ・・・サンマルクいっとけや・・・
このような方々が気軽に来れるならうさでも気軽に来られるような・・・
等と黒い感情がひしめくのでございます。

結局うさと同時にエレベーターに乗ることとなり、10階到着。
そして我先に・・・

10階では案内専用スタッフの方が2名お待ちでございまして、まずは予約してあるうさをご案内いただけました。
さすが予約。
最も奥の眺望の良いお席でございます。
DVC00093.jpg
携帯カメラしか持っていなかったため、微妙な画像で失礼いたします。

庶民が気軽に来られるのかと思いきや・・・
やはり周りはどの角度から見てもセレブの集団でございました。
ほっと一息。緊張再びでございます。

今回のメニューは「ブルガリ特製アフタヌーンティボックス」
DVC00063.jpg
モノトーンで統一されたテーブルセットが心を鷲掴みます。

カラトリーはBVLGARI刻印。

ドリンクは、コーヒー紅茶などから選びます。
事前調査でドリンクのチェンジやおかわりナシと知っていたので、「フラワリーアールグレイ」を発注。
巨大なポットで登場し、これだけあれば全くおかわり不要!と安心するのでございます。
砂糖も黒と白のパッケージでございます。
DVC00090.jpg
こちらのお紅茶・・・うーーーん、東京ステーションホテルに匹敵するおいしさでございました。
うさの中ではこの世でナンバー1を競う位置付けでございます。
ほんとうにフルーティのまろやかで優しい香りと味。
紅茶だけでもがんばってきた甲斐ありなのでございます。

紅茶をぼーーーーっと飲みながら、バブリーな空間をたたえた大きな窓から外を眺めます。
しばらくぼーーーっとしておりますと、ワゴンがうさの方にやってきました。
アフタヌーンティー登場~
IMG_0191.jpg
スコーンのジャムは、ワゴンに「はちみつ・マーマレード・苺・チョコ」の瓶が並び、好きな物を選べます。
担当のスタッフの方にお勧めを聞いてみますと、とったも親切に説明して下さいました。
うさはおすすめの砂糖を全く使っていない苺。
ついでにチョコも下さいと・・・庶民恥知らず・・・(ーー;)
「スコーンはおかわり出来ますので、お腹の具合を見てどうぞ」と。

それではお重のメニューをご紹介いたしましょう。
Savory・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライスチップス モッツァレラとトマト
国産牛のミニバーガー
モルタデッラのクロケット
ツナときゅうりのサンドウィッチ
ひよこ豆のクリーム
IMG_1813.jpg
まずいただいたのがひよこ豆のクリーム。
こちらは温かい、しっかりしたスープのようでした。
こ・・・これを食べたら完食できない・・・と結構焦る感じです。

ライスチップスはイカスミを練り込んだもの・・・魚介嫌いなうさにはくせが強いですが、完食可能でございました。
ミニバーガー、トマトにチーズにハンバーグに。
既に満腹は近いのでございます・・・
きゅうりのサンドイッチ。二段重ねの具はツナと葉っぱ、最上部に薄切りきゅうり。
そのおしゃれさにめまいでございます。
クロケットは、直径2センチ弱でございますが、食べるとガッツリ系でございます。

Pastry・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クロワッサン
スコーン
メディテラニアンビスコッティ
ブロッコリーとタレッジオチーズのキッシュ
IMG_2261.jpg
クロワッサンは全長5センチくらいのプチパンでございます。
こちらに先ほどのチョコジャムをつけていただきます。
さすがBVLGARI製のチョコ・・・
チョコにナッツの風味が溶け込むクリームは絶品・・・
恥かきながら追加してよかった~ヽ(^。^)丿

スコーンも温かいうちにいただきましょう。
非常に小ぶりなれど、今まで食べた中で最高においしゅーございましたヽ(^。^)丿
こちらのクロテッドクリームをつけ、苺ジャムをつけ・・・
IMG_3406.jpg
でりしゃすすぎる~
100個くらい食べたいかも(^◇^;)

ビスコッティは、スイーツに位置づけていただきたいくらい甘く、そしてトマトとハーブの爽やかさがアクセントとなり、既に満腹に達していてもついつい食べ進んでしまう危険なお品。

キッシュは・・・がんばりましたが食べきれず…>_<…
くやしーくやしー

Sweets・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ココナッツとパイナップルのマカロン
イチゴのチーズケーキ
ブラッドオレンジ パンナコッタとコーヒーのクリーム
シャンドゥーヤのマフィン
ブルガリ・ブルガリ チョコレートジェムズ
IMG_3922.jpg
マカロンの周りのココナツ最高~ヽ(^。^)丿
チーズケーキは一口サイズ。
チョコの飾りまでおいしゅーございました。
マフィンはシャンドゥーヤのこいぃマフィンでございまして、中央部分はトリュフ?を思わせるリッチなお味。
グラスデザートは・・・
IMG_8050.jpg
おぉぅっっっ
上部を飾る二色のクリームは、一色ずつ食すも良し、同時に食すも良し、下のゼリーと共に食すも良し・・・
全て味が変わるグレイトなおデザート。
クリームとゼリーの間にちりばめられたカリカリ生地も、上部のコーヒー味のスポンジも、何もかもがハーモニーを奏でるのでございました。

そして中央に輝いているのがBVLGARIチョコ~ヽ(^。^)丿
一粒でいろいろなお味が楽しめるグレイトなチョコ・・・(°0°)
さすがすぎる・・・

満腹の向こう側・・・
それでも食べ続けるうさ。
紅茶はスタッフの方が少し減るとささっと注ぎ、少し経つとポットに差し湯。
ポットが異様に遠くに置かれた理由が判明。
一度も自分で注ぎませんでした。

あまりのおいしさに絶対ポット一杯飲み干したと思われるうさ。
超大満足なのでございます。

更に「スコーンのおかわりはいかがですか?」と。
むりむりむりむりむりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ(T^T)
100個食べたい心と胃袋が比例しないところが庶民の悲しさ。

お会計ではこちらの一休特典のお土産をいただきました。
SANY0542.jpg
となりはカード明細入れ。おしゃれすぎる~(°0°)

うっとりしながら帰途に着くと、店頭のスタッフの方が「またお越し下さい」と・・・
うさなんかでもまた来て良いんですかぁぁぁぁ(T.T)

更に感動感激、大ファンになったのは言うまでもないのである。
nice!(55) 

nice! 55