So-net無料ブログ作成
検索選択

うさ コンラッド東京 セリーズで朝食をいただく [ホテルde朝食]

うさ、大好きなセリーズの朝食にお出掛けして参りました。
ブログに連なる高額レストラン、最近超散財です・・・∫(TOT)∫

本日も庶民は地下鉄でアプローチ。
おしゃれな汐留の街に突撃であります(ロ_ロ)ゞ
SANY0118.jpg
庶民は徒歩エントランスからアプローチ。
SANY0119.jpg
一気に28階まで突撃であります(ロ_ロ)ゞ

ロビー階にたどり着いたら、一気にセリーズまでアプローチ。
SANY0177.jpg
こちらは朝食予約なしにつき、気軽にお出掛けする事が出来るのです。
この日のお席も景色の良い奥のテーブルです。雨なのがちと残念。
SANY0123.jpg
奥のお席はこんな感じのおしゃれな空間です。
SANY0121.jpg
小心者のうさに他ブロックの写真は撮れませんが、セリーズは席数が多く、ブロックによって雰囲気が全然変わります。

まずはcoffee or tea?となります。
うさは「かふぇらてぷりーず」となります。
はい。こちらも日本人率低いです。
店員さんも含め、うさの視界に日本人率0。
生きた外国語ヒアリングが出来ます。隣はイタリア語・・・(ちゃおぉって言ったので)

そして続けて「写真撮って良いですか」となります。
難しい事は日本人スタッフに問い合わせとなり、しばしスタンバイとなります。
程なく日本人スタッフが「プライベートのお客様の顔が出なければ」となります。
えぇえぇ。逆に人の入らない写真が撮りたいんですよ。
と、言う訳で、小心者うさ、さくっとブッフェ台撮影です。

まずはコールドミールコーナー
SANY0124.jpg
本日の季節のフルーツはみかんでございます~)^o^(
ぷっくぷくの甘い庶民はなかなか手にする事のないおみかんでございました~
前回は金柑でございまして、それはそれはおいしゅーござりました故、季節の果物は何があってもいただく事にいているのでございます(*^_^*)

ヨーグルト系
SANY0125.jpg
パフェが魅惑の魔法を放っております。
SANY0126.jpg
ハムやサーモン、野菜サラダ
SANY0143.jpg
相変わらず珍しいものばかり。
庶民の胃袋は厳選チョイスをしなければなりません。少数精鋭でございます。
紫色のが激ウマでした。
メニューは書くフード後ろにまとめて書かれているのですが、小心者につきほとんど撮影、確認出来ず(^_^;)

続いてホットミールコーナー
SANY0127.jpg
うさはこの中華を目指して通うのでございます!!
本日のかゆは南瓜。
味は付いていないので、前方の具と共にいただきましょう。
やきそばは、後で錦糸卵や辛いソース?で装飾されて物に変わっておりました。
ソース焼きそばじゃないぜ!
おそらくオイスターソース系!!
そこはかとない上品な味付け。庶民の心を鷲掴むのでございます。

蒸し点心もございます。
SANY0150.jpg
この日は春雨の入ったしゅうまいと、ちまきでした。
あぁうっとり~(э。э)b

お隣は和食
SANY0129.jpg
みそ汁にご飯。

細かいおかず、練り梅や麹味噌。
そのおいしさに感服(!o!)
温泉卵にそばもあります。
SANY0130.jpg

その隣は洋おかず
SANY0131.jpg
カリカリベーコンにハムソーセージ、スクランブルエッグにポテトグラタンに凝った卵のグリルもの?
あるべき物でない物はない!!

最も入り口に近い部分はチーズやパンなどのコーナーです。
SANY0134.jpg
チーズは4種類、添え物として堅いパン。

その隣はワッフルとパンプディング。添え物の生クリームはバニラビンズ入りです。
SANY0135.jpg
そして魅惑のパンコーナー。

ハード系
SANY0136.jpg
食パン
SANY0137.jpg
デニッシュなど
SANY0138.jpg
庶民うきうきが止まりません!!
SANY0139.jpg
逆サイドもレポしましょう。

まずはジャムコーナー
SANY0133.jpg
あるわあるわ。厳選してマロンクリームとヌテラのみ味見。

隣はシリアルとドライフルーツ。
SANY0132.jpg
うさはチーズと共に食すドライフルーツを物色しましたが、さすが日本人率低い。
シリアルコーナー常に人気でした。

そしてドリンクコーナー。
SANY0142.jpg
ドリンクコーナーはうさのテーブル付近にも別途設置。
周りにゲストがたくさん座っていたので写真は撮れませんでしたが、設置場所毎に種類が違うのです。

セレブ朝食は見物するだけで心が和みます!!

そして席に戻ってみると!!!
SANY0144.jpg
(!o!)オオ!
巨大カフェラテはハートのアート!!

巨大さ比較用にジャムを隣に置きました。
巨大ラテを90分かけて堪能し、ちょびちょびといろいろなおかずを堪能し、この日も満腹の向こう側へと旅立ったのでございました。
参考までに、時間制限はありません。付近の外国人はあっという間に食事終了。
何度も入れ替わっておりました。

さぁ!次は何処の向こう側!
nice!(48) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 48